<   2017年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

終わる気がしない大掃除。


いや、終わりはあるのか?そもそも終わりなんてないんじゃ?との疑問も生まれつつあります(笑)。


そんな中、次男発熱。
蕁麻疹を伴うもので、そんなに高熱ではなかったのですが、年末年始だし、休日診療へ。
インフルエンザではなかったので一安心でしたが、餅つき→休日診療で、こっちはぐったり。。。
休日診療って、なんであんなに時間がかかるんだ。。。休日診療こそ、しんどい中ずっと待ってる子どもたちが可哀想ですよね。。。このご時世、ネット予約とか早く取り入れて欲しい。普通の病院より、こっちに欲しい。なんて、ちょっと思った年末の心模様です。


d0362322_22012522.jpeg


さて、我が家の長男が野球ノートをつけ始めたことは、このブログにも書きました。


その後も続いていて、フォークボールの投げ方を書き込んでみたり、楽しげにやっています。


d0362322_22022940.jpeg
※因みに、少年野球はストレートボールしか投げてはいけません。肩や肘を痛める原因になりますからね!


それを真似して、4歳の長女がノートをつけ始めました。それも、「野球ノート」(笑)。


d0362322_22041474.jpeg


完全に長男の真似っこなのですが、それはそれでいい。


d0362322_22050943.jpeg


こちらは裏表紙。


「好き」が確立している子は、長男のようにポイントを絞って書けば良いし、まだ長女のように「好き」が確立していない子は、真似っこでもいい。


その「好き」を明確にしていけるのが、子どもたちが自分でつける「子どもノート」かもしれません。


学校の勉強ではないノート。
自由帳でもないノート。


それは、自分発見ノートになるのかも?


長男は野球ノートをつけ始めてから、毎日必ず壁当てなどの野球の練習をするようになりました。しかも、自発的に。


私はそれを、目標や目的の視覚化による効果だと思います。


今、やるべきこと。が、はっきりと目に見えた結果ではないでしょうか?


是非、お年始の時間があるときから、お子さんと一緒にはじめてみてください!


大切なポイントは、
★好きなものが決まっている子は、好きなものに特化したテーマで。
★特にテーマが見つからない子は、目に付いたものや、ちょっといいなぁと思ったものや絵などを貼り付けたりする自分発見ノートに。


d0362322_22172004.jpeg


長女のノートを広げてみると、完全にイケメンの切り抜きのみの野球ノート(笑)。


そのうちここに、ホンモノの野球選手の切り抜きが貼られる日も近いな。。。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-30 22:21 | 子どもノート

大掃除。大掃除。


ですが、小さな子どもがいると、どうしても計画通りにはいかないものですし、1日を集中して掃除に当てることもできません。


けれど、日頃の感謝を込めたおうちの掃除は、やっぱり参加して欲しい。


そんなわけで、我が家は子ども別「担当制」を導入(笑)。


d0362322_19113261.jpeg


はじめは自分の身体を支えてくれる椅子を3人でふきふき。


後は、もうひとつの担当箇所をお掃除。


子どもの集中力って実は短いので、時間制限も設けています。


制限時間は、アニメ「メジャー」のサントラ分(笑)。YouTubeで流すと、子どもたちもノリノリで大掃除してくれました。


d0362322_19195141.jpeg


自分専用のウェスを持ち、頑張ってくれた子どもたち。


我が家のモットーのひとつに、「どうせやるなら、楽しく」があります。


大掃除の途中で、長女がお掃除担当のピアノの上の部分に「届かへん〜〜」と言うと、すかさず私が場内アナウンス。


「前田学園、選手の交代をお知らせ致します」と、長男に選手交代(笑)。


BGMがメジャーなので、子どもたちも大爆笑。


本来なら面倒くさいはずの大掃除も、子どもを巻き込んで、なおかつ楽しく。


もちろん、子どもたちと一緒ですから、思い通りに捗らないことの方が多い。


けれどもそこは、「まぁ、いっか」の精神で。


だって、子育て期間のうち、本当に手をかけさせてもらえるのは、実はかなり短いのだと思うのです。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-29 20:22 | 子どもと暮らし

皆さん、年末の大掃除は進んでいますか?


我が家は、全く進んでいません(笑)。


今日は、仲良し家族と野球DAY。楽しい一日でした。そして今、年賀状の印刷中。。。


さてさて、我が家の一階には収納がないので、掃除道具などをしまっておくスペースがありません。


更に、家事に子どもを巻き込んでいるので、サッと取り出せることが最優先。


我が家のあちらこちらには、掃除道具が吊るされています。


まずは表玄関の脇。


d0362322_19564984.jpeg




d0362322_19525380.jpeg


ピアノの脇には、レデッカーのハタキ。


d0362322_19533051.jpeg


子ども部屋にも、レデッカーの小さなほうきとちりとり。


d0362322_19541360.jpeg


玄関を上がった所には、棕櫚のほうき。


d0362322_20063065.jpeg


洗面所には、マキタの掃除機とモップ。


この方法だと、子どもも取りやすく、収納の場所も取りません。それに、子どもも積極的に掃除に参加しやすいのです。


子どもが散らかしたり、何かをこぼしたりすると、ついついイライラしがちです。でも、不注意に気づいて自分で後始末をすることも学んで欲しい。


だから我が家は、できるだけ怒らずに自分で掃除したり、拭いたりする方向に転換するようにしています。


家事の巻き込み力も、磨けばなかなか楽しい毎日です。




[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-28 19:39 | 子どもと暮らし

子どもの興味の対象って、変化しますよね?


例えば、LEGOを夢中でやっていたと思ったら、積み木。などというように、年齢や友だちによっても変わって行くものです。


我が家も長男が小学生になり、長女が字を覚えはじめ、絵が好きになってきたのと同じくして、上の2人と同じことがしたい次男も、クレヨンや色鉛筆、ペンなどを頻繁に使うようになりました。


収納を見直すタイミングだなと感じ、整理整頓から一気にやってしまうことに。


子ども部屋に文具コーナーを作りました。


d0362322_22025805.jpeg


無印のプラスチックの引き出しを使用しています。


d0362322_22035909.jpeg


鉛筆類は鉛筆類のみ。


d0362322_22051924.jpeg


ペン類はペン類。持ち歩き用のクレヨンもこちら。


d0362322_22062830.jpeg


おりがみとよく使う小さな色画用紙。


d0362322_22070803.jpeg


すぐに取り出したいハサミや鉛筆削り、テープなどもひとまとめに。


以前頻繁に使っていた絵の具類は、最近やらなくなったので移動させました。


また、しばらくして出したら、子どもたちは夢中で遊んでくれることでしょうね!


そして、カード遊びの類もこちらに。


d0362322_22103574.jpeg


年末年始は、カード遊びで盛り上がることも多いので、この引き出しにはお世話になりそう。


いつも一定の場所にあることはもちろん理想的です。けれども、子ども部屋に限っては、興味の対象や遊びの変化にある程度合わせています。


いわば、スタメンと控えが入れ替わる作戦


けれど遊びを広げる力を身に付けて欲しいので、絵本の隣に文具コーナーを作りました。


絵本に触発されて絵を描くことは、子どもたちにとって当たり前のこと。


そんな遊びの楽しみが増える暮らしは、大人もきっと楽しめるはず。






[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-27 21:53

d0362322_08363986.jpeg


10歳くらいまでの子どもができる物の管理は、そんなに多くありません。


小さな頃に身につけて欲しい力は、片付けが嫌にならず、自分のものに自分で責任を持つこと。


親の都合だけで考えた整理収納力ではなく、自分の力で創意工夫する整理収納力ではないでしょうか?


子どもたちには、年末にはこの思いやりボックスを整理整頓してもらうようにしました。


決まりはいつも通り、カゴの中に収まるだけしか持てない。ということ。


そして今回は、期限を設けることにしました。


「今日やって!」ではなく、「29日までにやってね!」という声かけをしています。


それはそのまま、段取り力に繋がります。


d0362322_08493357.jpeg

もちろん我が家は、長女はすぐに着手。長男はまだ(笑)。


そして、長男はいつまでも捨てられないのに反して、長女は何のためらいもなく、さっさと断捨離(笑)。


d0362322_08505397.jpeg


その鮮やかさたるや、迷わない私も舌を巻くほど。。。誰よりも男前な長女です。


片付けられる力もとても大切なのですが、まずは物の量を把握し、それを自分で考えて整理整頓する力も大切だと思います。


親が考えたシステムに乗るのではなく、どうすれば片付くかを一緒に考える。


それが、子どもを伸ばして、親も共に育つ環境作りですよね。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-26 08:35 | 子どもと暮らし

d0362322_13085111.jpeg


メリークリスマス!
皆さんのところには、サンタさんはやってきましたか?

我が家も朝から、子どもたちの賑やかな声がしていました。


さてさて、我が家の拙い収納方法なのですが、皆さんにご質問いただくことも多いので、こちらのブログでもご紹介しておきますね。


1番問い合わせが多いのが、こちらのオープンラック。


d0362322_13511754.jpeg


こちらは、ニトリさんのものです。


実は無印良品さんのものもキッチンで使っているのですが、子ども用にはこちらのニトリがオススメ。


それは、
★奥行きが短く、子どもが取り出しやすいから


奥行きがあると、実は子どもには取り出しにくく、使いにくいのです。


そして、もうひとつ質問が多いのが写真にもちらっとうつっている、パズル棚。


d0362322_14002119.jpeg


こちらも、ニトリさんのものです(笑)。


こちらを組み合わせて使っているのですが、実は白は廃盤のようです。


カインズホームさんで、同じようなのを見つけているので、買い足しはこちらかな?と考えています。


実はご近所に、ニトリさんとカインズホームさんがあるので、収納用品を買いだめしたりすることなく、マメに通っては、買い足したりシミュレーションしたり(笑)。


ネット通販も便利だけど、買い足し限定派。買い物には、以外に慎重です。


明日からクリスマスムードから、一気に年末のお掃除モードになる我が家。


今日は、雨が降ったり晴れたり、なんだか生憎のお天気。


子どもたちを巻き込んで、物の整理をしています。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-25 13:04 | 子どもとお部屋

第二回プラチナブロガーコンテスト


23日から冬休みになりましたね。


冬休みの宿題は、31日までに終わらせようと長男と決めました。


枚数を数えて逆算する癖をつけて、自分で考える。少しずつですが、できるようになってきました。


冬休みの宿題の管理は、クリアファイルに入れることに。


d0362322_19472434.jpeg


クリアファイル+ふせんが常識なのでしょうが、子どもにはふせんは扱いにくいので、我が家ではマスキングテープを使っています。


冬休みの宿題に関するものはこれだけ。


d0362322_04051688.jpeg


①全てをクリアファイルに入れ、表にマスキングテープを貼ります。
②マスキングテープにタイトルを書いたら完了。


d0362322_04071591.jpeg


学校の教科書やノートを一括収納しているファイルボックスに入れておきます。

冬休みの宿題の中でも一番積極的に取り組んでいるのは、なわとび(笑)。身体を動かすことが得意な長男は、かなりの勢いでクリアしていきました。


昨日は朝から、外に出て行ってはなわとびをして、ドタバタと家に入り、できた回数を記入してまた、ドタバタと外に出て行く。


まぁ、なんとも無駄な動きです(笑)。


ですが、私たちのように、無駄を省いてできるだけ効率的に動こうとするのは、もう少し先でいいかな?


教えることは簡単ですが、そんな風に無駄なことをして疲れるのも、子ども時代の醍醐味ですよね!


ゆっくり大人になってね。



くらし部門に応募します。

[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-24 04:20 | 子どもと暮らし

色んな子がいます。


やんちゃな子、おとなしい子、勉強が好きな子、嫌いな子。スポーツの得意な子、苦手な子。何でも食べる子、食べない子。


本当に子どもってそれぞれで、一見似たようなタイプでも、じっくり付き合って行くと、本質は違ったりします。


でも、そんな子たちの中でも、小学校高学年くらいから「おっ!」と思う子が出てきます。


それは、何かに長けているとかではなく、挨拶がきちんとできたり、気遣いができたり、言われてやらされているわけではなく、自分からそう気づいて行動していることがわかる子がいます。


やはり、特にチームスポーツや剣道や空手なんかをやっている子に多く、小さな頃形として覚えたことが、行動や思考になっているのだなぁと感じます。


d0362322_02583595.jpeg


一流と言われるスポーツ選手や文化人は、人間的に優れていると、インタビューなどを見ていても感じるのですが、どんな一流の大人も、生まれつき一流だったわけではないと思うのです。同じように、生まれつきの二流もいない。


育つ環境
選び取るもの
歩み続けた道
人との出会い


それらのものに感化されながら、自分自身と向き合い、磨き続けた結果が、一流の人間を作るのだと思います。


人間力を磨くことが、実は一番大切なことのように思います。


d0362322_03062174.jpeg


頭がいいこと、スポーツができること、どんなことよりも、「人間力」を磨くこと。


小さな頃は、もちろん無理でも、小学校高学年くらいから差がでる人間力。


もちろん、我が家の子たちは、まだまだ(笑)。コラー!と言いたくなることもしばしば。。。


だけど、口で言うだけてはなく、態度できちんと示せる親でありたいなぁと常に思っています。







[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-20 22:25 | 子どもと暮らし

あっという間に12月20日。


クリスマスのプレゼントに、色々なおもちゃを検討されている方もたくさんいらっしゃいますよね?


我が家も色々考えていますが、今年は実用重視なものを欲しがる傾向です(笑)。


d0362322_13312480.jpeg


子どもたちのおもちゃを選ぶ時は、「完成しない」ものが良いと思っています。


それは、次々に欲しくなると言う意味ではなく、ガウディのサグラダファミリアのように、まだまだ広がりが無限にあり、改善や工夫の余地のあるおもちゃが良いと思うのです。


d0362322_13333958.jpeg


つみきは、その代表的な存在。


写真のクーゲルバーンも、遊びと工夫はいくらでもあります。


d0362322_13342933.jpeg


歪んでは直して、壊れては直して、小さな子なら途中で泣き出すこともたくさんありました。


でも、それはそのまま、人生そのものだし、生きていくことに似ていると思うのです。


完成されたものではなく、作る楽しみと工夫する楽しみ、途中でダメになることもあるけれど、楽しいからやる。


楽「ラク」と楽しくは少し違うこと。


子ども時代に、遊びを通して知って欲しいことです。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-20 13:39 | 子どもとおもちゃ

簡単な手作り化粧水。

数年前から化粧水は手作りしています。


大好きなサンタ・マリア・ノヴェッラの化粧水の瓶に。


d0362322_20174215.jpeg


材料はたったふたつ。


d0362322_12110286.jpeg


精製水とグリセリン。
後は好きな香りの精油があればいいかもしれません。
※肌に使えないものもあるので、お店で聞いてみてくださいね!


精製水とグリセリンの量は私の場合10:1。
それだけを直接入れて、振るだけ。


全身に使える化粧水の出来上がりです。


もう、5年以上使っている化粧水。たっぷり使うことができるので、冬には特にオススメです。





[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-12-18 12:15 | ブログ。