<   2017年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

寒い、寒いと言っていた昨日。


考えてみれば、まだ10月。今年のこの気候にはちょっと参りますね。


我が家の子どもたちも、元気ですが咳をしていたり鼻水が出ていて万全ではありません。


もう少し、秋らしい気候に戻ってくれないかなぁ?


★☆


d0362322_06032768.jpeg


良いおもちゃ、悪いおもちゃ、という言い方はどうかと思うのですが、日本で「良いおもちゃ」=知育。とされているのが、私はあまり好きではありません。


なんでも、おもちゃ業界では「知育」とか「育脳」と書くと売れる!という法則があるようです。


私はついつい拒絶反応を示してしまうので、その手のおもちゃは買ったことがないのですが、昔からあるヨーロッパの素晴らしいおもちゃや、藤井四段でブームになったキュボロなども知育とくくられてしまうのが残念だなぁと思います。


おもちゃが知育をしてくれるか?と言うと、うーん。。。子どもがおもちゃから受け取る贈り物って、それだけじゃないんですよね。


d0362322_06324235.jpeg


もしかしたら、知育もしてくれるかもしれない。でも、それより前に「楽しい!」がなきゃいけない。


楽しい!嬉しい!
うまくできなかった、残念だ。
今度こそ!
やった!


が先。


楽しいから、遊ぶし、遊ぶから発達する。


だから、おもちゃで頭が良くなるから便利。ではないような気がします。


同じことが絵本にもいえるのではないでしょうか?


d0362322_09482961.jpeg


字が読めるようになること。本が好きになること。の前に、絵本って面白い!おはなしって楽しい!を知ってほしいですよね。


おもちゃも、絵本も、そして親がかける言葉のひとつひとつも、大人が子どもに手渡すものです。


これで遊べば頭が良くなる。ではなく、「これで一緒に遊べば、私たちの人生がワクワクするよ!」と、手渡したいなぁと思うのです。


そうお母さんも一緒にワクワクする人生を、共に歩めばいい。






[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-31 09:56 | 子どもとおもちゃ

台風が去り、ひんやりとした空気に包まれた朝。


過ごしやすいイメージの秋は何処へやら?夏から一気に冬のような気候です。


★☆


さて、先日の記事より大人から見た「子どもの困った」を応援する環境作りを取り上げています。




今日は、「やる気がない子」。


10歳近くになってくると、「めんどくさぁい!」なんていい始める子どもたち。心理学専門用語でこのくらいの年齢をギャングエイジと言います。


誰もが通る道だし、私は「思春期への橋渡しの時期」だと思っています。


でも、なんでも「めんどくさぁい」「やりたくなぁい」「だるい」は、ちょっと考えものだし、これがけっこう長く続くと、親としてもちょっと。。。と思ってしまいますよね。


でもね、こんな風にやる気がない子たちに叱っても無駄。しかも、叱りすぎると逆効果になってテコでも動かない子も(笑)。


【やる気がない子】には、まず好きを追求することをお勧めします。


d0362322_11061753.jpg


この【好きを追求する】って、親目線で言うと実はすっごく難しい。。。


だって、子どもの【好き】が、必ずしも親が好ましいことと一致するわけではないからです。大抵違う(笑)。


我が家の場合、現在小学1年の長男の1番のハマりごとはデュエルマスターズというカードゲーム。


皆さんご存知のように、おもちゃや絵本もまぁまぁ拘り、テレビをできるだけ見ずに育っても小学1年ともなればこんなもの(笑)。もちろん、私も主人もこのカードゲームは少し苦々しく思っていることは隠しません(笑)。



d0362322_11152918.jpg


どんなに親が「しょうもないなぁ〜〜」と思っていても、好きなものなら片目を瞑ります(笑)。ボーダーラインを決めながら、まずは【好きなことを追求する】ことを楽しめば良いと思います。


そして、その次にすることは、【人の役に立つことをしてもらう】こと。


簡単に言えば、【お手伝い】をしてもらうのです。


でも、このときのお手伝いは、家のことをしたからと言って、何かが貰えたりすることのないお手伝いです。


ただお母さんが「助かったー。ありがとう!」と言うことが一番の褒め言葉。


実は人は、誰かの役に立つことで、自分自身を認められるようになっていく存在。


今の子は、この部分が徹底的に欠けている気がします。


早くからはじめる習い事も、自分のため。きょうだいが少ないから、自分が1番。


だからこそ、誰かから「ありがとう」と言われる喜びを知ってほしいと思います。


そのためには、私たち親が子どもにたくさん「ありがとう」と言いましょうね。私も含めて。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-30 11:30 | 子どもと暮らし

2日間の晴れた空を満喫し、また雨の関西地方です。


台風がやってきそうですね。


皆さんもお気をつけ下さい。


★☆


今日から、少しだけ子どもたちの【困った行動】を考えてみようかな?と思います。


今日は【落ち着きのない子】。


「うちの子、落ち着きがなくて」
「ちょっと、じっとして欲しい」


男の子なら、更にパワーアップ!その様子はまるで働きネズミのよう(笑)。


こんなお子さんをお持ちのお宅を訪問させていただくと、必ず必ず共通点があります。


それは、物が多くて「出しっぱなし」になっていること。


これは、もともと落ち着きのない子には目から入ってくる情報量があまりにも多い状態。こんな子こそミニマム子育て。


こんな子には半分の法則。


とにかく、荒療治のようですが、全てを一旦半分にします。


持っている量の半分を処分。
見えている量の半分をなくす。



d0362322_04572638.jpg


処分するのが無理なら、一旦手の届かないところにしまっておく。


とにかく、目から入ってくる情報量を半分に。


そしてまずは、発散です。思う存分身体を使った遊びを。走り回る鬼ごっこでもいいですし、少し荒っぽい子には、布団を丸めてボクシングの真似事をしてもいい。


発散するだけ発散させてあげて下さい。


身体がクタクタになるまで遊んだら、手を使う遊びを取り入れます。


d0362322_05031295.jpg
おさるのジョージに憧れる息子は、足でお絵かき(笑)。


落ち着きのない子は、手先が不器用なことが多いので、いきなり細かい作業はできません。


それこそ、粘土遊びや集中して積み木やブロックを積むことからはじめます。これも、やりなさい!ではなく、是非一緒に初めてみてください。


発散→集中。


を暮らしの中で繰り返すことで、次第に落ちついてきます。


まずは、半分。
それから、発散→集中。


実は、子どもの困った行動が垣間見えるとき、正さなければいけないのは暮らしの方だったりします。


子どもを育てるってことは、自分の生き方をもう一度見つめ直すことなんです。


子どもたちが教えてくれることは、本当に深い。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-28 05:14 | 子どもと暮らし

久しぶりに晴れた二日間。


待ってました!とばかりに、洗濯機ガラガラ。お布団パンパン。


また、週末はお天気崩れるようですね。


子どもたちも、たくさん外遊びの1日になりそうです。


★☆


便利な世の中になったなぁ。


なんだか毎日、そんな風に呟いている私です。皆さんも、そんな風に感じませんか?


ですが、便利な世の中を憂いながらも、ちゃっかりと恩恵を享受している自分もいるわけです。


でも、この便利な世の中で、子どもが失うものの大きさを考えると、居ても立っても居られず、ついつい考えこんでしまうのは、完全な職業病(笑)。


手先の不器用さや、身体の軟弱さをとっても、現代を生きる子どもたちは10年前の子どもたちとも明らかに違うはずです。


そんな中、小さな子どもたちの日常から、失われてしまった動作のひとつに「ひねる」があります。


つまんでひねる。
ひねってちぎる。
ひねってまわす。


この辺りは、意識しなければきっと身につかない動作。


そこで我が家で取り入れている遊びがコマ遊びです。


d0362322_13244849.jpg


まだ小さなうちは、手前にある小さな手回しごまで、つまんでひねる動きを。


4歳くらいになると、両手で持って擦り合わせて回すこまを。


5歳くらいになれば、紐ごまを。


それぞれの年齢で遊べるこま遊び。楽しく遊びながら子どもたちの感覚を養える日本の伝統遊び。同じくけん玉や輪投げも我が家にはあります。


日本の伝統の遊びって、本当によく考えられていて、小さな路地で遊んでいた昔の子どもたちでも場所を取らない遊びなんですよね。


反対に、海外からきたフリスビーなども手首を回したりする遊びなのですが、広さがいります。


昔が全て良いわけではありませんが、良い知恵はいただきながら、子どもたちと楽しい毎日を送りたい。


そんな風に思います。


d0362322_13312808.jpg


こういう蛇口、本当になくなりましたよねぇ。残念。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-27 13:21 | 子どもと遊び

急に寒くなり、身体が追いつかず。あちらこちらで咳をする子どもたちが。


私も少し、喉が痛い。ゆっくり過ごしたいけれど、そうもいかない母親業ですね。


皆さんもお気をつけください。


★☆


さて。おもちゃの収納ってお母さんたちの悩みのタネですよね。


いくらしまっても、溢れ出るおもちゃ(笑)。勝手に増えてるんじゃないか?と思うほど。


今日はそんなおもちゃのしまいかたをお話しします。

おもちゃは遊んでナンボ。使ってナンボ。だと思っています。


美しく整えられた収納ではなく、子どもの遊びが広がりを見せ、豊かに遊べる収納方法が1番だと思います。


d0362322_14120164.jpg

良く拝見しますが、BOXに綺麗に収められたおもちゃたち。でも、その隣り合わせのおもちゃ同士、遊びか数珠繋ぎとなっていく組み合わせでしょうか?


この棚は、現在積み木の棚です。右下がクーゲルバーン(ビー玉転がしの積み木)、その上の小さなかごにはミニチュア積み木の動物や家や人。その左側が、ネフスピールという積み木。その右上が木製レールの電車です。


積み木での空想遊びが広がるように、カテゴリ別にわけて収納しています。

1番上には、グリムス社のアーチレインボーが置かれています。

その他のおもちゃも、カテゴリにわけてしまっています。


d0362322_03451740.jpg


これは、ピアノとアウリスグロッケン。


美しく整えられた収納は、もちろん素晴らしいのですが、子どもの遊び方や子どもの興味を促す収納はもっと大切です。


あ!これをやってみたいな!
これと、これを組み合わせたらどうだろう?


こんな風に考えることは、そのまま工夫する力になります。


おもちゃと暮らし。それからそばにいる人。それら全てが子どもの環境となります。


良いものだけでも、ダメなものだけでも、子どもは育ちません。


バランス。


大切ですよね。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-26 05:10 | 子どもとお部屋

前回の記事から随分時間が経ってしまったのですが、普段着の制服化のお話しをさせてくださいね。


私には、お気に入りを色違いで揃えてしまう習性があります(笑)。


気に入ったメーカーのものを、いくつも揃えてしまうのは、小物に顕著に。


d0362322_16463651.jpg


ボーダー×クロップドパンツ×バレエシューズが、着ていて落ちつく大定番。

バレエシューズは、とにかくレペットが大好き。赤と黒を基本にしていて、プラスひとつを気になる色やその時の気分で揃えています。赤と黒はそれぞれ2足目。


それから、バッグはこちら。


d0362322_03282001.jpg


こちらも大好きなエバゴスのカゴバッグ。とにかく好きすぎるカゴ。夏の風物詩のようですが、私は冬のカゴが特に好きです。


トレンチ×カゴ。
ダッフル×カゴ。
ニット帽×カゴ。


とにかく、誰になんと言われようが好き(笑)。モテなくても好き(笑)。重くても好き(笑)。


我が家にやってくる友人たちに、「この家、カゴ多すぎじゃない?」と良く言われます。


このバッグ以外の毎日の定番は、このバッグです。


d0362322_03454694.jpg


セリーヌのトリオ。
もう、身体の一部か?というくらい愛用しています。とにかくとにかく使いやすい!ブランドのバッグにありがちな重さが全くありませんし、大きな主張もないので、どんな服にも合います。でも、さすがにこのバッグは2つありません(笑)。


アクセサリーは、髪が短いのでビジュー系のイヤリングひとつか(ピアスあいてないんです)、パールのロングネックレスひとつか。


実は、他にもたくさん色違いアイテムがあるのですが(特に靴)、また機会があれば載せますね!


若い頃は、毎日違う服を着ることがオシャレだと思っていました。毎日違う雰囲気にすることがオシャレだと思っていました。


でも、そうじゃないんだと気付いてからは、オシャレをすることが重荷じゃなくなりました。


私は全くオシャレなママではありませんが、大人になればなるほど、清潔感のあるオシャレを心がけたいなぁと思っています。


着飾るよりも、引き算。引き算しすぎて、貧相になるのも嫌なので、ポイントを絞ること。そして、飾るよりも爪を整えたり、髪のツヤを意識したり、肌そのものを綺麗に保つことを意識したり。


年齢を重ねれば重ねるほど、飾ることよりベースを磨かなければいけないのだと気づきました。年齢を克服してやろうなんて意識はありませんが、汚いよりは。まぁ綺麗な方がいいかな?というくらい(笑)。


40代、50代と、どんな自分になるのか、すっごく楽しみです。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-25 04:16 | ブログ。

急に寒くなりましたね。


衣替えを済ませておいて良かったです。


今日、王子動物園へ遠足の予定だった長男。台風の影響で動物園が公開できないらしく、急遽須磨水族館へ。


さぞ楽しいだろうなぁと、想像しています。


★☆


先日の記事の続きです。


まず、★園の行事が多すぎないか?
について、子どもにとって大切なことは、特別なことよりも日常だと考えています。


もちろん、親としては劇や音楽やアート作品など、我が子の成長を形として見たい気持ちはわかります。ですが、その課題をやり遂げることに必死になり過ぎる園は個人的にあまり好きではありません。


子どもから自発的に何かが生まれ、描きたい時に描ける環境、奏でたい時に奏でられる楽器の環境があることがベストですが、その時だけ絵の具を引っ張り出してきて、「さぁ運動会の絵を描きましょう!」。普段は仕舞ってある楽器を出してきて「さぁ音楽を奏でましょう!」は、あまりにも大人都合のように思えます。


ですから、親に見せるための結果としての行事が多すぎる園は、私はあまり好きではありません。


d0362322_12225488.jpg


次に、★設備が整いすぎていないか?という点です。それは、ひとこと「便利すぎる環境ではないか?」というところを見ています。


自動の蛇口や、自動の水洗トイレ。床暖房。勝手に閉まる扉。あり得ないことのようですが、これらが整っている幼稚園や保育園があるのですね。


蛇口は捻れば良いではないですか。トイレをした後は、自分で流すことを知ってほしい。冬は冷たく、夏はひんやり気持ちの良い床で、子どもは何を感じるでしょう?自分で開けた扉は、後ろの人を気遣いながら閉める習慣をつけましょう。


これが、子どもを育てることのように思えて仕方がないのです。自動で出てくる水を当たり前だと思って欲しくないのです。だから、幼少期は絶対「不便を知るべき」だと思っています。


我が幼稚園は、完全に昭和に建てられた幼稚園で、ガタピシいう窓があります。私はその、アルミサッシではない窓が、大好きなのです。


d0362322_12325258.jpg


最後に、★余計なキャラクターものの装飾がされていないか?


実は私、クマだかうさぎだかわからない幼稚園のイラスト化された装飾も苦手です(笑)。


キャラクターものは、虚像の世界です。好きなら家で楽しめば良いと思います。


キャラクターものよりも、保育技術で子どもを引きつけて欲しい。先生の魅力で子どもたちを引きつけて欲しい。


そして、季節の装飾は是非ホンモノを使って欲しいなぁと思います。今ならかぼちゃやさつまいもや、枯葉やどんぐり。


季節の花を絶やさない気遣いのできる先生なら、なお素敵なのですが。。。


と、かなり拘り感満載の私の幼稚園選びのポイント(笑)。実際、こんなとこまで普通は見ないよな?ってとこまで見ています(笑)。先生、やりにくいね(笑)。すみません。。。


皆さんの参考に、少しでもなりますでしょうか。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-24 12:46 | ブログ。

台風、凄かったですね。


久しぶりに眠れない夜を過ごしました。


一夜明けて、太陽が顔を出した時、思わず笑顔に。


グッと冷え込んで、秋本番だなぁという気がしています。


朝、淀川の河川敷が溢れていて、小さなフナを捕まえた次男です。


d0362322_12223482.jpg

★☆


昨日から、幼稚園選びのポイントについて書かせていただいています。


私のこだわりポイント3番目。
★先生の服装がきちんとしているか?若い先生やベテランの先生が均等に配置されているか?
です。


別に、全然オシャレじゃなくて良いし、綺麗じゃなくて良いのですが、子どもたちのそばにいる大人が身だしなみに気を使って清潔感のある服を身につけていることは大切です。


子どもたちにとって、はじめて出会う「先生」という存在。憧れの対象にもなりやすく、「先生みたいになりたいなぁ」という尊敬の念を抱く子もたくさんいます。


その、憧れの対象の先生にはやはり清潔感のある身なりを心がけて欲しいというのが、私にはあります。私が幼稚園の園長ならジャージー禁止令を出します(笑)。動きやすいのはわかるのですが。。。


そして、ベテランの先生と若い先生が程よく均等にいらっしゃること。


それは、子どもたちを1つの価値観だけで育てるべきではないと思っているからです。親からすれば、ベテランの先生の方が安心感がありますが、子どもは若い先生が好きです。


遊びもダイナミックですし、感覚が近いぶんお友達のような感覚で遊んでくれる若い先生も、凄く大切です。


それに、若い先生を一生懸命育てようとしている園の方が、人間関係がうまくいっているでしょうし、園の雰囲気もあったかいですよね。


逆に、若い先生がどんどん辞めていくような園は、私的にはNGです。どんなに教育法が素晴しかろうが、そこに先生同士の信頼関係は存在しませんよね。


d0362322_12385048.jpg


次に★園庭が広く、山などがある凸凹の部分があるか?ですが、私は個人的に平坦なところを走り回るだけでは、子どもの運動感覚機能は育たないと思っています。


山あり谷ありの凸凹地面でつまづくからこそ、回避する能力が鍛えられます。


怪我をするから、危ないから。は私は気にしない(笑)。危ないくらいで、実はちょうど良いと思っているのです。


私なりのこだわりポイント満載で恐縮ですが(笑)、まだまだ続きます(笑)。ではまた次回。




[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-23 12:47 | ブログ。

雨。雨。雨。


嫌いではありませんが、この雨の1週間にはちょっとまいります。


洗濯物と子どもの元気は、溜まれば溜まるほどちょっと困りますね(笑)。


★☆


さて、先日より何件か幼稚園選びのポイントについてご質問がありましたので、こちらでも記事にしておきたいなぁと思います。


d0362322_17302434.jpg


子どもたちのはじめての社会生活。私も長男の時にはありとあらゆる幼稚園に見学へ行きました。


私立の幼稚園になると、それぞれの特徴も色濃く、モンテッソーリ教育の園やシュタイナー教育の園も視野に入れながらの幼稚園選び。


私は最終的に公立園に決めましたが、結果的にはそれがベストだったように今は感じています。


早期教育や英語教育、鼓笛隊や組体操。ありとあらゆる特色の中でどれを最優先するかは、お母さんの好みやその子のタイプもあるかと思います。


今日は、私が幼稚園を選ぶ際に見逃したくなかった部分についてお話ししますね。


私の幼稚園を選ぶポイントは
★掃除が行き届いて、おもちゃなどが整然と並んでいるか?
★先生方は、きちんと子どもと目を合わせてお話ししてくれるかどうか?
★先生の服装がきちんとしているか?若い先生やベテランの先生が均等に配置されているか?
★園庭が広く、山などがある凸凹の部分があるか?
★園の行事が多すぎないか?
★設備が整いすぎていないか?
★余計なキャラクターものの装飾がされていないか?


正直、数えればきりがなく、目を瞑ったところもたくさんあります。ですが、上記7つは私が譲れなかった部分でもあります。


まずひとつめの、掃除が行き届いて、おもちゃなどが整然と並んでいるか?は絶対の必須条件です。例えば、モンテッソーリ教育やシュタイナー教育を謳い、教具や自然素材を用いていても、それが雑然と棚に押し込められ、埃をかぶっていたら、良い保育環境とは言えません。


良いおもちゃを厳選していても、それを管理する先生方の【準備】が滞っていては、子どもが遊ぶ【その瞬間】が輝かないと思います。


子どもたちが在園する時間ももちろん。いなくなった後も、子どもたちのことを考えてくださっているかが、お部屋の状態でわかるからこそ、そこはきちんと見ていました。


d0362322_20335622.jpg


そして次に、先生方は、きちんと子どもと目を合わせてお話ししてくれるかどうか?です。


初対面などでもよくわかりますが、お母さんに挨拶をした後に、子どもと目を合わせて(しゃがんだりしてくれる先生なら信頼できると思います)挨拶をきちんとしてくれるかどうか?


私はそれで、「どこを向いて保育や教育をしているか」がわかるなぁと思います。親の方だけを向いていないか?子どもをきちんと、一人前の人として見ているかどうか?


挨拶や日々の接し方でわかる、大きなポイントのひとつですよね。


身をかがめて話を聞いたり、うんうんと頷いてくれたり、上からものを言う先生ではなく、きちんと寄り添う姿勢をとってくれているかどうか。


大切なことのように思います。


長くなるのでまた続きは次回に。


台風が近づいていますね。皆さんもお気をつけて。




[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-22 20:44 | ブログ。

金曜日。長男のお友だちと我が家へのお泊まり会をしました。


夜中まで聞こえる笑い声に、何回か雷を落としそうになりながら(笑)。楽しさに水を差さないように堪えました(笑)。


ママも飲みながら、ごはん会。まだ小さな下の子がいるので、ママたちは途中解散。


楽しみ方は形を変えながら、小さな満足を積み重ねることが今の楽しみかもしれないなぁと思います。


★☆


我が家の一番下はもう3歳です。


小さな赤ちゃんを目にするたび、「あ〜〜こんな時代あったのかなぁ?」と、もう懐かしさでいっぱい。


赤ちゃんが我が家にやってくるたび、自分の子どもたちの赤ちゃんの頃を振り返っては、みんなにびっくりされたり。。。


何がみんなを驚かせるかというと、私赤ちゃんのために安全装置をつけたことがないんです。


指挟み防止とか、安全プラグとか、落下防止柵などなど。


赤ちゃんを守るための道具を使わないで3人を育てました。


では、安全対策はしなかったか?というと、安全装置はつけていませんが、安全対策はしました。


ハイハイをはじめた赤ちゃんは、とにかく毎日が冒険ですよね。そこらへんをとにかく、ひっくり返すひっくり返す。


そこで我が家は、ひっくり返しても大丈夫なものだけ。口に入れても安全なものだけを、赤ちゃんの手の届く範囲に入れておいたのです。


d0362322_15211711.jpg


台所は、赤ちゃんにとってパラダイス(笑)。


台所道具の危険でないものを、下段に入れておき、ママが台所に立つ時は、そこで真似っこ遊びがはじまります。


d0362322_15225365.jpg


ストック食品も、下段に入れておいてひたすら並べたり、積んで遊んだり。


そして、ぐずりはじめたらおんぶをして家事をしている間にコテっと寝ちゃう段取りです。


特にはじめての赤ちゃんは、ついつい「危ない!」「汚い!」と言ってしまいがち。


ですが、赤ちゃんが手を伸ばすのは、「やってみたい!」「触ってみたい!」という欲求の表れです。


それを、「危ない!」「汚い!」と、大人の都合でストップをかけ続けていては、「どうせ、自分がやりたい!と思っても、止められるだけだ」と、その「やってみたい」までもが起きなくなってきます。


この気持ちを蔑ろにし続けると、「やりたい」欲求すら起きなくなってしまいます。


実は大切な、この赤ちゃん時代の環境。子どものやりたいを支える環境作りを、是非こころがけたいですね。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-21 16:42 | 子どもとお部屋