モンテッソーリ教育③。

久しぶりの雨続き。梅雨の本番を迎えたなぁという感じがしますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?


さて、モンテッソーリ教育の記事、たくさんの方に読んでいただきありがとうございます。


我が家は3人の子どもたちと、モンテッソーリ教育をベースに、子どもの心理カウンセラーでもある母親の私が「我が家流」にアレンジしたりしながら共に暮らしてきました。


ですが、どちらにしても子どもたちの「やりたい!知りたい!やり遂げたい!」がど真ん中にある子育てです。


簡単に言えば、子どもが「やりたい!知りたい!」と思えるように環境を整え、その欲求が子どもの側から溢れ出ることを待ち、やり始めたら、最後まで見守る。


モンテッソーリ教育とは、本来そういった教育法で、子どもの本質を見極めた、素晴らしいものだと思います。


d0362322_11541523.jpg


以前の記事はこちらから。

さて、今日はモンテッソーリ教育における「敏感期」のお話をしようかな?と思います。


「敏感期」とは、モンテッソーリ教育を少しご存知の方なら耳にしたことがあるかもしれませんが、モンテッソーリ教育独自のものではありません。


「敏感期」とは、ド・フリースという生物学者が使い出した言葉です。この生物学で発見された生命のエネルギーを、人間の子どもたちにも見出し、そのエネルギーに沿った教育法を施した人が、マリア・モンテッソーリという人なのですね。


「敏感期」は、それぞれの年齢ごとにありますが、モンテッソーリ教育では特に、幼少期に重点を置いているのは、先日もお話しました。


人間が3歳までに得る知識は、大人がその後の60年間、一生懸命努力して獲得する量に等しいと言われています。


この時期の子どもは驚くべき速さで身辺にあるものすべてを習得して行きます。言語、習慣、宗教などを吸収し、子どもたちの心にひっそりと根を下ろします。


つまり、3歳までの身辺の環境はその人の生涯に影響を与えると言っても過言ではありません。


ですから、このブログでも常日頃からお伝えしているのですが、子どもにとっては「家」。つまり、暮らしが最も大切であるということが、お分かりいただけるかと思います。


子どもたちはいかに、安心できる環境で、絶対的に信頼できる親から愛され、美しい言葉や音楽、豊かな文化に触れ、自然や動物が身近にある環境で育ったのか。


そのことが、子どもたちの3歳以降に非常に重要な役割を果たします。子どもたちの「吸収する心」に焦点をあて、この時期を特に「秩序の敏感期」とモンテッソーリは名付けました。


d0362322_13065550.jpg


具体的に言うならば、3歳までの子どもたちは、お母さんにたくさん抱っこやおんぶをされながら、美しい言葉で紡がれた絵本に親しんだり、美しい音楽が流れる安心できる整えられた部屋で、お母さんと一緒に絵を描いたり、ハサミを使うことを教わったり、折り紙を折ったり。モンテッソーリ教育で言うならば「お仕事」をしたり。※先日から写真でご紹介しているのものがそうです。


お散歩に出て、雨の音を聞いたり、砂を触ってみたり、水たまりに飛び込んでみたり、犬に関心を持ってみたり。


暮らしそのものを大切にする毎日を過ごしていれば、子どもは間違いなく育つ。ということではないでしょうか?


心理カウンセラーとして、子どもたちと接していると、間違いなくこの「敏感期」を逃しているなと感じる子どもに出会うことがあります。小学生くらいでも顕著に現れます。


この敏感期を逃すとどのような子どもに育つか?それは心に「情緒」が育っていない状態です。


情緒がない状態とは、粗野で乱暴で諦めやすく、捻くれた見かたでものを見たり、大人がいないとずるいことをしたり、暴力を振るったり。物質的なものに価値を見出したりしやすくなっている状態を指します。


モンテッソーリ教育では、「美しい」ということを重要視していますが、これには私も同感です。


「美しい状態」を知ることは同時に「美しくない状態」を「居心地が悪い」と感じることを知ることです。


それが子どもたちにとって、どれだけ大切なことか計り知れません。


モンテッソーリ教育が、「美しい道具」に拘る理由も、実は子どもの本質に寄り添った教育法であることを忘れずにいたいなぁと思います。


[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-30 13:29 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育②。

佐々木正美先生がお亡くなりになられましたね。


本当にショックです。


子どもという存在そのものが希望である。と気づけたのは、佐々木正美先生の本に触れていたからかもしれません。


佐々木正美先生の言葉がなければ、こんなにも子どもとの時間が濃密ではなかったかもしれません。


このような先生が日本に存在したことに、心から感謝致します。


どうか安らかにお眠りください。


★☆★


さて、先日のモンテッソーリ教育の記事。たくさんの方に読んでいただけたようで、ありがとうございます。


モンテッソーリ教育とは何か?


よくご存知のない方のために、少しだけ説明を。


d0362322_13203788.jpg


モンテッソーリ教育とは、イタリア初の女性医師、マリア・モンテッソーリが生み出した教育法で、その始まりは、マリア・モンテッソーリが医師として「障がい児」を研究、訓練したことです。


当時、「障がい児」の扱いは不当で、小さな部屋に入れられ、遊ぶものも何もなく、ただ食事を与えられるだけの存在でした。


その研究と観察をしていたマリア・モンテッソーリがあるおもちゃを与えたところ、彼らは貪るように吸収し、そして「何もできない」と思われていた障がい児の発達が、緩やかながらも水準に達することを発見した。


これが、モンテッソーリ教育の根幹です。


障がいがあるから、発達はしない。そう何百年も思われていた子どもたち。しかし、それは大人側の傲慢だった。


大人側がきちんと環境を整備し、寄り添うことさえできれば、どんな子どもでも伸びる。


そんな大切なことを、マリア・モンテッソーリは100年以上も前に発見し、実施をした。


このことが、これまで多くの子どもたちを支えてきたことは、言うまでもありません。


「障がい児の子育てには、子育ての本質がある」この言葉をご存知でしょうか?


これは、どういう意味でしょう?


それはひとえに、「やりたい!と言い出すまで待つ。」「できるまで、待つ。」


それ以外に他なりません。


モンテッソーリ教育は、幼児期に非常に重い重点を置いています。


マリア・モンテッソーリは、6歳までの子どもには「自然から与えられた宿題がある」と言っています。


それは、自然が幼児期の命そのものに課していることであり、子どもは自分の全存在をかけて自分自身でやり遂げなければいけないこと。


この時期のエネルギーを100%出し切って獲得しなければならないことがある。


私は幼児期とは、そういうものだと思っています。


子どもの心理カウンセラーとして、日々子どもたちと向き合っていると、1つの異変に気づかざるを得ません。


それは、今の子どもたちは非常に手先が不器用であると言うことです。


発達障がいの子どもも多くなり、感覚統合がなされていない子どももたくさんいますが、それだけが原因ではありません。


その原因は明らかで、手先を使う遊びを、小さな頃からやってこなかったからです。


手先、指先は第二の脳と言われています。手先、指先を存分に使い切って遊ぶことで、集中力が養われ、考える力がつく。


それは紛れもない事実です。


そんな手先や指先を使った幼少期の遊びや環境の整え方など、次回ご紹介しますね。
※昨日から写真をアップしている手作りおもちゃは、モンテッソーリ教育を元に、私がアレンジしたものです。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-29 11:00 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育①。

藤井聡太四段の活躍が凄く、今、再びモンテッソーリ教育が注目されていますね。


私はブームがあまり好きではないので、藤井四段は素晴らしいとは思いますが、昼食に何を食べたかくらい放っておいてあげたらいいのになぁと思ってしまいます(笑)。


さて、以前のブログから読んでいただいている方はご存知だと思うのですが、我が家ではちょくちょくモンテッソーリ教育を取り入れています。


公立の幼稚園へ入れたのも、子ども時代にやりたいことを、納得いくまでやらせてあげたかったからです。流行の教育法などで、幼少期を犠牲にしたくなかったからです。


ですが、モンテッソーリ教育は違います。


d0362322_14210259.jpg


まず、はじめに、私の大好きなマリア・モンテッソーリの言葉を。


「教育の基本原則は、子どもと大人は違うということを知ることです。」


当たりまえのことのようですが、具体的にどのように違うのかをよく理解していないから、大人は子どもを自分と同一視してしまい、無理な要求をしてしまうのだと思います。


以下、モンテッソーリの言葉です。


気の狂ったお母さんかえるが、小さなおたまじゃくしに「水から上がって、新鮮な空気を吸い、緑の芝生の上で、体を休めてごらん。そうすれば、みんな強く健康で可愛いかえるになれますよ。さぁ、一緒においで。ママがいちばん良く知っているから」と言ったとします。このおたまじゃくしは、従順であろうとすれば間違いなく死んでしまいます。


しかし、これが私たちの教育の仕方なのです。「ママ、どうしてなの」と、おたまじゃくしが聞くと、なぜ干渉してしまうかについてゆっくり考えもしないで、「ママがいちばん良く知っているからよ」と答え、子どもをほうっておきます。


素晴らしい言葉だと思います。


大人は時に、子どもに対して盲目になります。そして、横柄な態度をとります。


「親の言うことを聞いて入れば間違いないんだ」と。


モンテッソーリ教育が素晴らしい点は、この出発点にあると思います。


「違う」と認めること。


「命令」は「教育」ではないということ。


このことに、子どもたちが小さいうちに気づけたことは、私の財産となりました。


また、少しずつご紹介できたらと思っています。


[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-28 15:52 | モンテッソーリ教育

雨の日を豊かに遊ぶ。

梅雨らしい雨の日曜日。


久しぶりに子どもたち3人と、じっくり家遊びができました。


現在7歳の長男は.小さい頃から、動物には全く興味がなく、現在2歳の次男は動物が大好き。


そこで我が家に新しく仲間入りをしたおもちゃが動物フィギュア。


d0362322_05043025.jpg


しかし、これ。不思議なことに買ったものは一体もなく、ひぃおばあちゃんがお世話になる老人ホームの施設の方が、3人を可愛がってくれていて、会いに行くたびに子どもたちにプレゼントしてくれるのです。


この他にも爬虫類系がいます(笑)。


動物好きな次男のおかげで、長男も興味を持ち始めて、最近はよく、動物の問題をねだります。。。


さて、そんな動物フィギュアを使って昨日はこんな遊び。


d0362322_16204347.jpg


この動物たちが住んでいる場所を描いてみよう!


辞典を広げてあーでもない。こーでもない。辞典の中には雪と戯れるトラの写真なんかもあり、凄く新鮮。


d0362322_05135533.jpg


出来上がった絵は、しばらく壁に。


d0362322_05143720.jpg


さすがの長男は、飾り方の芸がこまかい(笑)。


なぜ、次男の写真がないのかというと、描いた絵を折りたたんで、じぃじへのお手紙にしたからです。


動物たちがどんな場所に住んでいるのかを知ることって、そのまま世界への視野に広がります。


日本の文化は素晴らしいけれど、小さな国に縛られることはない。多種多様な人種がいて、価値観がある。


それは、世界中の童話や絵本を読むことにも通じます。


肌の色が違うこと。目の色が違うこと。考え方が違うことを当たり前に受け入れること。それができる人間になって欲しい。


日本という国の価値観だけに縛られることはない。


いつもいつも、子どもたちに伝えていることです。


d0362322_05224286.jpg


そして、何やらごそごそしている長男は、ものの10分でこんな船を作ってしまいました。


ちゃんと、モーター付き(牛乳パック)。


d0362322_05244377.jpg


お風呂の残り湯でぶぃーん。


しかし、彼曰く「モーターに改善の余地がある」そうで、目下早いモーターにするにはどうすればいいか、思案中です。


将来はドクター仲松やな。


d0362322_05265191.jpg


枯れかけた紫陽花で、魔法使いの大鍋ごっこ。


溜まりに溜まった水たまりで、最後は泥遊び。


d0362322_05280465.jpg


そのままお風呂へ直行の、楽しい日曜日でした。


今日からまた、1週間がはじまりますね。皆さんも素敵な1週間を。


[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-26 04:59 | 子どもと遊び

晩御飯を食べたあと、どこの家庭でもある光景が「家族の団欒」ですよね。


我が家ももちろん、寝るまでの間、その時間を楽しみます。


この団欒の時間。我が家ではこの時間にテレビがついていることは、まぁありません。


私も主人も、テレビっ子ではありませんし、見たいと思う番組もありません。我が家は1日に1時間も見ていないと思います。


1週間に3時間くらい(笑)。もう、次からはお風呂用とかのテレビでいいくらい(笑)。


で、そこで何をしているかと言うと、話をしています(笑)。


と、言うより、子どもたちが


「問題出して!」と毎日のように言うので、動物や地球や宇宙に関してのクイズを、毎日出しています。


d0362322_13400874.jpg


この時の問題は、「暗記しているとわかる問題」ではなく、「考えなければわからない問題」が殆どで、ちょうどこの1週間は、とある質問に3兄妹でアタック中です。


その質問が、


「恐竜は、なぜ絶滅したのでしょうか?」です。


きっかけはこの本。


d0362322_06084372.jpg


「絶滅」の危機にある動物たちとその危険度、なぜこのような事態になっているかを書いてある辞典なのですが、実はこれ、次男が大好きな本(2歳)。


長男も大概ですが(笑)、次男も大概です(笑)。


1ヶ月前、「シロクマは絶滅しつつあります。それはなぜでしょう?」と質問したところ、小学校1年生の長男は、約1時間考えて、見事に答えを導き出しました。


「北極圏には大陸がなく、シロクマは陸と海とで生活する。北極圏の陸は殆どが氷で、その氷が地球温暖化により溶けている。よって、シロクマが餌を食べたり、子育てしたり、安心して暮らせる陸がへってきているから。」


という答え。


もちろん、まっさらな状態で答えを導き出し出せる小学校1年生はいません。


集中力が途切れないように、飽きないように、ヒントを与えながら、こちらも一緒に考えます。


決して、答えは言いませんし、決して諦めを促したりはしません。この質問に、降参はないのが我が家のルールです。


実は、この質問は「知識を与えている」のではなく、子どもたちに「考える癖」をつけさせています。


そして、自分なりの答えをもつ大切さと、決して諦めない精神力。


これは、そのまま「生きる力」となります。


勉強ができるようになって欲しいとは思いませんが、自力で生き抜く力だけは、しっかりつけて欲しいと思っています。


さぁ、いつ、ひらめくのか楽しみです(笑)。


[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-20 08:00 | 子どもと遊び

子どもとお手伝い。

d0362322_10564991.jpg


お手伝い。


なんだか小さな頃から、この響きがあまり好きになれず、今に至ります。


「お手伝いしてー!」と言われると、そこに自分の意思は存在しないように思えます。


「嫌だけど、やってる。」「嫌なのに、やらなきゃいけないもの。」のような。


そう言えば、私は子どもたちに「手伝ってー!」と言ったことはあまりありません。


d0362322_00295752.jpg



「今、やれること何ー?」


と、尋ねることが一番多い気がします。


どんなこともそうですが、子どもたちには「自分で考える癖」をつけるように、敢えて考えさせるような促しをしています。


「お手伝いしてー!」ではなく、「何やったら、できるのー?」と。


そうすると、子どもたちは考えます。


「あ、ごはんを入れることができる。」


「あ、コップを並べることができる。」


d0362322_00345612.jpg


長女は気づきの天才で、お花が枯れてくると、自分から花を摘みに行き、いけてくれるまでになりました。


もちろん三人三様ですが、実は「役に立ちたくない」子どもはいません。


やらなきゃいけないものでも、やったから偉い!というものでもない。それがお手伝い。


その家に住んでいるのだから、実はやって当たり前のこと。


実は、どんな習い事より、どんな勉強より、大切なことだと思います。


★☆★


超、個人的なインスタ。良かったらフォローしてくださいね!


発達障がいの記事は、こちらから。

[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-19 00:44 | 子どもと暮らし

d0362322_11501741.jpg

絵の具遊びって、ハードルが高いと思われがちなのですが、実はそれも、「どこに、どんな風に収納するか?」がキーポイントだと思います。


子どもが自分で取り出して、自分たちで準備できる環境なら、「やりたいときに、できる」。


我が家の絵の具収納。今は、回り回ってこの位置です。


d0362322_12034848.jpg


流し台の下。ここなら、2歳の次男でも届きますし、自分で持ってきて、勝手に描いています。


実はこの日、「絵の具したーい!」となったのが、朝の8時。


幼稚園登園の30分前でしたが、30分あれば子どもたちは十分楽しめます。


d0362322_12074434.jpg


長女ゴンは、折り紙で色見本のようなものを作り。。。


d0362322_12083767.jpg


まさか。とは思ったのですが。。。


d0362322_12104831.jpg


やっぱり、バービーちゃんの毛染め(笑)。ホンマ、どこで覚えたんやろか。。。


でも、満足した子どもたちは、ちゃんと時間を守って、きちんと幼稚園へ登園しましたよ。


こんなとき、本当に感じます。子どもって、やりたいときにやることができたら、それで納得する。例え短い時間でも、集中して遊べたら、満たされるものなんだなぁと。


子どもの欲求って、実はお金で解決するものじゃないってこと。


「やりたいときに、できる」ことが、子どもたちを成長させ、安心させるのですね。


大人はその環境を整えるお手伝いをする。


それが、親子のあり方かなぁ。と、心から感じます。


それは、発達障がいや、定型発達も関係ありませんよね。




[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-16 12:23 | 子どもと暮らし

本物を使う。

d0362322_11505599.jpg


子どもたちにこそ本物を。


これは、私が持っている唯一の子育て方針かもしれません。


上の写真は、我が家の砂場道具です。


色んな公園に出没する我が家は、あちらこちらの砂場で色々なお母さんに驚かれているのですが(笑)。


驚いているのは大人だけで、そこにいる子どもたちの瞳はキラーン!とします。


「これ、使っていいの?」と。


砂場遊びはとっくの昔に卒業したであろう、小学校高学年の男の子まで、夢中になって遊んでくれる、魅惑の砂場道具のようです。


d0362322_11590769.jpg


蓋が壊れた水筒や、少し古くなったまな板や、離乳食の道具など。


歪んだボールや、泡立て器や、オタマも。意外に出るキッチンの不要物は、全てが砂場行きです。


あと、バァバなんかに頼んでみると、使っていないタッパーやお鍋なんかも出てきます。


子どもを観察していると、本当に面白い。


大人は勝手に、「どうせ子どもだから。」とか、「子どもだからわかんないから。」なんて思いがち。


でも、実はそうではありません。


子どもは、本物を使いたい。


本物を使って、大人とおなじようにしたいのです。だから、たとえ「ごっこ遊び」であろうが、子どもたちは真剣そのもの。


本物に似せて作ったニセモノではなく、本物の小さいもの。が良いのです。


持てばずっしりと重く、力を入れて使わなきゃいけないもの。使うのに工夫がいるもの。


子どもたちは遊びの天才だからこそ、しっかりと遊ばせてあげたい。


子どもにこそ本物を。子どもたちの目が輝くはずです。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-13 11:50 | 子どもと遊び

もの発見家。

d0362322_10325046.jpg


みなさんは、「長くつ下のピッピ」というお話を読んだことがありますか?


この物語の、世界一強い女の子は、本当に自由奔放に生きていて、子どもの頃に読んだ時には、その自由さと闊達さに心から憧れました。


このお話の中に「もの発見家」というエピソードが出てくるのですが、簡単に言えば大人から見た「ガラクタ集め」をする子どもをイキイキと描いた章ということになるのでしょうか。


我が家の長男はこのエピソードが大好きで、この章だけを繰り返し読んでくれとせがみます。


しかし、彼は長くつ下のピッピを知る以前から、筋金入りの「もの発見家」です。


小学校に入ってからは、通学路という魅惑の時間帯ができたため、まぁ、帰宅が遅い遅い(笑)。


遊ぶ約束をした友だちが、長男を抜かしてやってくるなんてザラです。。。


きっと、下を向きながら帰ってくるのでしょうね。

毎日毎日、
「ママ〜!こんな宝物みつけた〜!」と帰ってきます。


先週の拾得物宝物はこちら。


d0362322_10421383.jpg


クリップ。LaQのピース1個。おもちゃの20円。


これ以外に、妖怪ウォッチのカードが入っていたゴミも含まれますが、それはさすがに捨てていただきました(笑)。


まぁ、毎日こんな感じなのですが、たまにはもの発見家としての真髄を見せることもあります。


d0362322_10453262.jpg


鹿の角と、20センチ以上はある松ぼっくり。


これは、周りの友だちからも羨望の眼差しで見られていました(笑)。


子どもって面白い!


さて、今日は何をもって帰ってくるかな。。。


[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-12 10:32 | 子どもと絵本

私のノート術。

d0362322_12322826.jpg


「なんだか、面白そうですね」
「付箋、たくさん使うんですね」


最近、立て続けにノートを褒められることが多く、私は当たり前にやっていたこと。でも、なんだか新鮮だったので、ブログに書いてみようと思います。


この前、お仕事でご一緒した男性に「付箋なんて、伝言くらいにしか使ったことありませんよー。」と言われて衝撃を受けた私です。


それくらい、私は付箋を使うのですが、使い方が少し人と違うのかもしれません。


これは、本の発売に向けて考えている内容のものです。


d0362322_12364888.jpg


思いついたことを、何でもかんでもとにかく書いていきます。


そして、時間が経ってからもう一度眺めて、必要か必要でないか。保留にするものか。に整理して行きます。


d0362322_12383437.jpg


それらをカテゴリーにわけて考えて行くため、大きめの付箋にわけていきます。


これらを入れ替えたりしながら、バランスを考えています。


そして、小さな付箋に落とし込み、


d0362322_12560569.jpg


あーでもない、こーでもない。と、パズルを仕上げていく感覚でペタペタと入れ替えます。


要らないものは、また何かに使えるかもしれないので、別のページに。トピックスだけで、だいたい50以上は考えるかな?


そうすると、頭の中がクリアになっていきます。


母であり、妻であり、仕事もあり、ナマケモノでもある私は、こんな風に思考をクリアにしていかなければ、どの役目も実はこなせない面倒くさがりです(笑)。


そんな隣で、実は小学校一年生の長男も、こんなことを(笑)。


d0362322_13033725.jpg


妖怪ウォッチの切り抜きと。。。


d0362322_13040917.jpg


将来自分が開発する、ゲームの構想だそうです。ロンポスのパクリやないか(笑)!


[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-08 13:07 | お母さん