野球vsサッカー。

あっと言う間に4月。

長男は新2年生。長女は年長さんになります、

長男は新1年生の入学式準備のため、明日から登校です。


d0362322_10514728.jpeg


我が家の長男も次男も根っからの野球少年です。いつも書いているように、パパもコーチで、じぃじは元監督の野球一家。


私も観るスポーツでは、野球が一番好きで、高校野球を見るたびに涙が出てしまうのですが、ついつい見てしまいます。


先日の大谷翔平選手の登板も早起きして見ていましたし、イチロー選手の打席も気になります。


そんな野球一家の野球少年が、実はサッカーもはじめました(笑)。


男の子の場合、暗黙の了解というか、小さな頃から野球をやるのかサッカーをやるのか?ということがあるような風潮がありますよね。


我が家の場合は、野球をやりながらサッカーをやりたいなら、やればいいじゃない!なんです。


なぜなら、小さなうちから競技を絞る必要はないと思っているから。


野球とサッカーでは、鍛えられるところが違いますし、ゲームの楽しさも全く違います。


曜日が被らないなら、なんでもやってくださいな我が家。


d0362322_11002511.jpeg
つい先日から、玄関には野球ボールとサッカーボールが並んでいます。


7歳の長男は、実はスポーツのゴールデンエイジ期です。


3歳から12歳頃は子どもの発達上のスポーツにおけるゴールデンエイジ期で、7歳と言う年齢は、その間のぽっかり空いた時期で、ひとつの競技を極めるにはまだ早い時期です。


また次回、その辺りの詳しいお話をしますね!



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2018-04-04 11:06 | 少年野球