子どもの頃に筋肉をつけすぎると身長が伸びないって本当?

突然ですが、我が家の長男は筋肉質です。


運動大好き!スポーツ大好き!もありますが、小学一年生なのに、腹斜筋に縦筋が入っています(笑)。


もちろん、筋トレなんかしていないし、今のところ野球とプールのみ。


小さな頃から、良質なタンパク質を摂取することを大切にしてきましたが、余りにも筋肉質なのでふと、こんなことを思い出してしまいました。


それは、都市伝説のように囁かれる「子どもの頃に筋肉をつけすぎると身長が伸びない」という説。


現在小学一年生で128㎝とやや大きめ。主人は182㎝、私は164㎝と遺伝子的にはまぁ大きな方です。


なんとなく、それって本当なの?と不思議に思っていたので、信頼する先生に伺ってみました。その先生は、ボクシングの井岡選手のボディトレーナーで、ジュニアスポーツ指導員をされている、一家でお付き合いのある先生です。


すると、
「勝手につく分は別に構わないし、特に身長にも関係ないよー」とのこと。


つまり、長男の場合は筋肉をつけようと思ってつけたわけではなく、動いた分だけ筋肉になっている。


それは体質であって、仕方ないのだそうです。


では、タンパク質の量はやっぱり多め?と質問したら正解!との嬉しいお答えが(笑)。


筋肉質な体質だということは、それだけ栄養が筋肉に変わるのが早いということ。積極的にとるべき!なのだそうです。


d0362322_14081604.jpeg


ただの栄養学ではなく、その子にあった栄養学にずっと興味があった私。学校で習う食べ物の話ではなく、食も暮らしも、より個人にクローズアップされるべきではないかなぁ?と感じていました。


摂取すべき栄養素は、日常的にスポーツをしている子としていない子では違うはずです。


なんだか、もやもやしていたことが少しクリアになったことがありがたく、一般的な知識だけではなく、本当の意味での専門的なことに答えてくれる方が身近にいて本当に良かったなぁと感じました。


もちろん、子どもですから、基本的な栄養バランスは大切にしつつ、我が家の場合はサラダの上などにも鳥の胸肉が載っていたりします。




[PR]
by maria_ouchi0815 | 2018-03-02 14:16 | 子どもとごはん