無印良品とカインズホームの収納用品で、習い事準備を一括管理。

少し寒さの和らいだ今週。このまま、暖かくなって欲しいなぁていうのは、虫が良すぎますかね。。。


さてさて、我が家の習い事事情を少し。
★プール→長男・長女・次男
★野球→長男・次男(もちろんまだ入団していませんが、3歳にして一緒にメニューをこなしています)
★ピアノ→長女
という具合です。


実はプールも野球も、持参するものや身につける物も多く、更には週1でしか出さないものです。


収納は、子どもが自分たちで準備しやすいように、普段の服とは別の場所に。


d0362322_12551281.jpeg


無印良品のプラスチックケースとカインズホームの蓋つきプラスチックケース。


中にしまっているものはこんな感じ。


d0362322_12394625.jpeg


下から、ライフセーバーや、今なら薄手の羽織もの。普段使わないリュックなどの、頻繁には使わないけど、高いところにしまい込むと、次に出すのがやっかいなものをメインにいれた引き出し。


下から2段目が、練習用ユニフォーム、試合用ユニフォーム、アンダーシャツ、ベルト、ストッキング、ソックス、練習用トレーナー、練習用ウィンドブレーカーなど、ここを開けると道具以外の野球の準備が全て整うようにしています。


その上のカインズホームの収納用品には、3きょうだいのプール道具一式。3人分のバスタオル、3人分の水着、3人分のビーチバックが入っていて、誰か1人がみんなの分を持って来れるようにしています。


実はこの場所で洗濯物を干し、干し終わったらそのままこの場所にしまうので、その上には大人のハンガー類、上のかごには洗濯バサミ、その隣のファイルボックスには、子ども用のハンガーを収納しています。


私は収納のプロではありませんし、実は大の苦手分野なんです。


けれど、子どものおかげで、子どもがわかりやすくて、自分たちでできるようになる工夫はしているつもりです。


実は、そのヒントは幼稚園や小学校でもらうことも多く、教室ではかなりチェックしてしまう方(笑)。


やっぱり、先生方はさすがで、「あー!これはわかりやすいよなぁ」ということがたくさんあります。


子どもって、大人のミニチュアではなくて、独特の存在。まずは、大人と子どもは違うんだ!ということを前提に、暮らしの工夫を考えるのも、また楽しみですよね!



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2018-02-16 12:52 | 子どもと暮らし