人気ブログランキング |

頑張る子、挑戦し続ける子になって欲しいなら。 mamalife

雨模様でぐっと冷え込んだ朝。


布団から出るのが億劫になりますね。


さてさて、「できる子」ってどこにでもいますよね。何でも要領良く、他の子よりも「できる子」。


けれど不思議なことに、この「何でもできる子」がそのまま大きくなった時の成果に直結するわけではありません。


子どもの頃に「できた子」より、子どもの頃に「何にでも挑戦できる子」が伸びるということが、ひとつの法則かもしれません。


d0362322_15085843.jpeg


頑張れる子、自ら困難に挑戦する子。そんな子にはある共通点があります。


それは、結果を褒められて来た子か、過程を褒められて来た子かに左右されているのです。


心理学でこんな実験があります。


ふたつの子どものグループを作り、とあるテストを受けます。一方には「◯◯点とれて凄いね!」と結果を褒め、もう一方には「こんな風に頑張ることができて凄いね!」と褒めたのです。


すると、結果を褒められたグループは、次の課題を選ぶ時に「簡単に解ける課題」を選んだのに対し、過程を褒められたグループは、「より難しい課題」に挑戦することを選んだ。


このことでわかるのが、親や指導者がかける言葉によって、子どものやる気や、頑張れる力に直結するということです。


d0362322_17014833.jpeg


面白い結果だと思いませんか?


困難に立ち向かう力や、挑戦し続ける心が、接し方ひとつで変化すること。


私も常に考えながら行動したいなぁと思います。



by maria_ouchi0815 | 2018-01-22 17:05 | お母さん