子どもが自分でつける「子どもノート」のススメ。

終わる気がしない大掃除。


いや、終わりはあるのか?そもそも終わりなんてないんじゃ?との疑問も生まれつつあります(笑)。


そんな中、次男発熱。
蕁麻疹を伴うもので、そんなに高熱ではなかったのですが、年末年始だし、休日診療へ。
インフルエンザではなかったので一安心でしたが、餅つき→休日診療で、こっちはぐったり。。。
休日診療って、なんであんなに時間がかかるんだ。。。休日診療こそ、しんどい中ずっと待ってる子どもたちが可哀想ですよね。。。このご時世、ネット予約とか早く取り入れて欲しい。普通の病院より、こっちに欲しい。なんて、ちょっと思った年末の心模様です。


d0362322_22012522.jpeg


さて、我が家の長男が野球ノートをつけ始めたことは、このブログにも書きました。


その後も続いていて、フォークボールの投げ方を書き込んでみたり、楽しげにやっています。


d0362322_22022940.jpeg
※因みに、少年野球はストレートボールしか投げてはいけません。肩や肘を痛める原因になりますからね!


それを真似して、4歳の長女がノートをつけ始めました。それも、「野球ノート」(笑)。


d0362322_22041474.jpeg


完全に長男の真似っこなのですが、それはそれでいい。


d0362322_22050943.jpeg


こちらは裏表紙。


「好き」が確立している子は、長男のようにポイントを絞って書けば良いし、まだ長女のように「好き」が確立していない子は、真似っこでもいい。


その「好き」を明確にしていけるのが、子どもたちが自分でつける「子どもノート」かもしれません。


学校の勉強ではないノート。
自由帳でもないノート。


それは、自分発見ノートになるのかも?


長男は野球ノートをつけ始めてから、毎日必ず壁当てなどの野球の練習をするようになりました。しかも、自発的に。


私はそれを、目標や目的の視覚化による効果だと思います。


今、やるべきこと。が、はっきりと目に見えた結果ではないでしょうか?


是非、お年始の時間があるときから、お子さんと一緒にはじめてみてください!


大切なポイントは、
★好きなものが決まっている子は、好きなものに特化したテーマで。
★特にテーマが見つからない子は、目に付いたものや、ちょっといいなぁと思ったものや絵などを貼り付けたりする自分発見ノートに。


d0362322_22172004.jpeg


長女のノートを広げてみると、完全にイケメンの切り抜きのみの野球ノート(笑)。


そのうちここに、ホンモノの野球選手の切り抜きが貼られる日も近いな。。。



by maria_ouchi0815 | 2017-12-30 22:21 | 子どもノート