人気ブログランキング |

子ども部屋に、文具コーナーを作りました。

子どもの興味の対象って、変化しますよね?


例えば、LEGOを夢中でやっていたと思ったら、積み木。などというように、年齢や友だちによっても変わって行くものです。


我が家も長男が小学生になり、長女が字を覚えはじめ、絵が好きになってきたのと同じくして、上の2人と同じことがしたい次男も、クレヨンや色鉛筆、ペンなどを頻繁に使うようになりました。


収納を見直すタイミングだなと感じ、整理整頓から一気にやってしまうことに。


子ども部屋に文具コーナーを作りました。


d0362322_22025805.jpeg


無印のプラスチックの引き出しを使用しています。


d0362322_22035909.jpeg


鉛筆類は鉛筆類のみ。


d0362322_22051924.jpeg


ペン類はペン類。持ち歩き用のクレヨンもこちら。


d0362322_22062830.jpeg


おりがみとよく使う小さな色画用紙。


d0362322_22070803.jpeg


すぐに取り出したいハサミや鉛筆削り、テープなどもひとまとめに。


以前頻繁に使っていた絵の具類は、最近やらなくなったので移動させました。


また、しばらくして出したら、子どもたちは夢中で遊んでくれることでしょうね!


そして、カード遊びの類もこちらに。


d0362322_22103574.jpeg


年末年始は、カード遊びで盛り上がることも多いので、この引き出しにはお世話になりそう。


いつも一定の場所にあることはもちろん理想的です。けれども、子ども部屋に限っては、興味の対象や遊びの変化にある程度合わせています。


いわば、スタメンと控えが入れ替わる作戦


けれど遊びを広げる力を身に付けて欲しいので、絵本の隣に文具コーナーを作りました。


絵本に触発されて絵を描くことは、子どもたちにとって当たり前のこと。


そんな遊びの楽しみが増える暮らしは、大人もきっと楽しめるはず。






by maria_ouchi0815 | 2017-12-27 21:53