人気ブログランキング |

子どもを巻き込んで、年末の整理整頓。

d0362322_08363986.jpeg


10歳くらいまでの子どもができる物の管理は、そんなに多くありません。


小さな頃に身につけて欲しい力は、片付けが嫌にならず、自分のものに自分で責任を持つこと。


親の都合だけで考えた整理収納力ではなく、自分の力で創意工夫する整理収納力ではないでしょうか?


子どもたちには、年末にはこの思いやりボックスを整理整頓してもらうようにしました。


決まりはいつも通り、カゴの中に収まるだけしか持てない。ということ。


そして今回は、期限を設けることにしました。


「今日やって!」ではなく、「29日までにやってね!」という声かけをしています。


それはそのまま、段取り力に繋がります。


d0362322_08493357.jpeg

もちろん我が家は、長女はすぐに着手。長男はまだ(笑)。


そして、長男はいつまでも捨てられないのに反して、長女は何のためらいもなく、さっさと断捨離(笑)。


d0362322_08505397.jpeg


その鮮やかさたるや、迷わない私も舌を巻くほど。。。誰よりも男前な長女です。


片付けられる力もとても大切なのですが、まずは物の量を把握し、それを自分で考えて整理整頓する力も大切だと思います。


親が考えたシステムに乗るのではなく、どうすれば片付くかを一緒に考える。


それが、子どもを伸ばして、親も共に育つ環境作りですよね。



by maria_ouchi0815 | 2017-12-26 08:35 | 子どもと暮らし