子どもの作品は、ラミネートを使って残す。 mamalife

落ち葉が美しい季節になりました。


子どもたちにとって自然物は、何よりも素晴らしいおもちゃですね。


d0362322_05443950.jpeg


子どもたちが落ち葉を使って遊びたいと言うので、公園に集めに行きました。


d0362322_05465517.jpeg


こんなことを言い出すのは大抵長男。やりたいことがある時の長男は、公園で友達がデュエマ(カードゲーム)をやっていようが、気にも留めない(笑)。


画用紙に思い思いに落ち葉を貼り付けて、遊んでいる。ただこれだけなのに、本当に子どもって楽しそう。


d0362322_05513138.jpeg

出来上がった作品は、ラミネート加工。


d0362322_05524148.jpeg


このラミネート。実は買って良かったもののひとつで、貼り絵などは時間が経つと取れてしまったりしてしまいがち。

それをラミネート加工しておくと、そのまま置いておけるし、鮮やかな色もある程度そのままなので、色使いがきれいで、「このまま置いておきたいなぁ〜」ってものは、ラミネートしています。


値段も家庭用で3000円くらいのお安いもの。


子どもの作品って、子ども自身を投影する大切なもの。全ては残してあげられないけれど、こんな風に今しかできない季節のものや、子どもたち自身の発想から生まれたものは、やっぱり残しておきたい。


「成長」と言う意味では、ある意味写真よりも大切なのかもしれません。


いつ、どんな時に作ったか、そんなエピソードも加えて残す子どもたちの作品。


我が家の家宝たちです。


d0362322_06064688.jpeg


水族館ができていました(笑)。魚とチョウチンアンコウだそうです(笑)。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-11-17 06:15 | 子どもと遊び