子育て中の服制服化しました(小物編)。 mamalife

前回の記事から随分時間が経ってしまったのですが、普段着の制服化のお話しをさせてくださいね。


私には、お気に入りを色違いで揃えてしまう習性があります(笑)。


気に入ったメーカーのものを、いくつも揃えてしまうのは、小物に顕著に。


d0362322_16463651.jpg


ボーダー×クロップドパンツ×バレエシューズが、着ていて落ちつく大定番。

バレエシューズは、とにかくレペットが大好き。赤と黒を基本にしていて、プラスひとつを気になる色やその時の気分で揃えています。赤と黒はそれぞれ2足目。


それから、バッグはこちら。


d0362322_03282001.jpg


こちらも大好きなエバゴスのカゴバッグ。とにかく好きすぎるカゴ。夏の風物詩のようですが、私は冬のカゴが特に好きです。


トレンチ×カゴ。
ダッフル×カゴ。
ニット帽×カゴ。


とにかく、誰になんと言われようが好き(笑)。モテなくても好き(笑)。重くても好き(笑)。


我が家にやってくる友人たちに、「この家、カゴ多すぎじゃない?」と良く言われます。


このバッグ以外の毎日の定番は、このバッグです。


d0362322_03454694.jpg


セリーヌのトリオ。
もう、身体の一部か?というくらい愛用しています。とにかくとにかく使いやすい!ブランドのバッグにありがちな重さが全くありませんし、大きな主張もないので、どんな服にも合います。でも、さすがにこのバッグは2つありません(笑)。


アクセサリーは、髪が短いのでビジュー系のイヤリングひとつか(ピアスあいてないんです)、パールのロングネックレスひとつか。


実は、他にもたくさん色違いアイテムがあるのですが(特に靴)、また機会があれば載せますね!


若い頃は、毎日違う服を着ることがオシャレだと思っていました。毎日違う雰囲気にすることがオシャレだと思っていました。


でも、そうじゃないんだと気付いてからは、オシャレをすることが重荷じゃなくなりました。


私は全くオシャレなママではありませんが、大人になればなるほど、清潔感のあるオシャレを心がけたいなぁと思っています。


着飾るよりも、引き算。引き算しすぎて、貧相になるのも嫌なので、ポイントを絞ること。そして、飾るよりも爪を整えたり、髪のツヤを意識したり、肌そのものを綺麗に保つことを意識したり。


年齢を重ねれば重ねるほど、飾ることよりベースを磨かなければいけないのだと気づきました。年齢を克服してやろうなんて意識はありませんが、汚いよりは。まぁ綺麗な方がいいかな?というくらい(笑)。


40代、50代と、どんな自分になるのか、すっごく楽しみです。



by maria_ouchi0815 | 2017-10-25 04:16 | ブログ。