幼稚園選びのポイントについて②。

台風、凄かったですね。


久しぶりに眠れない夜を過ごしました。


一夜明けて、太陽が顔を出した時、思わず笑顔に。


グッと冷え込んで、秋本番だなぁという気がしています。


朝、淀川の河川敷が溢れていて、小さなフナを捕まえた次男です。


d0362322_12223482.jpg

★☆


昨日から、幼稚園選びのポイントについて書かせていただいています。


私のこだわりポイント3番目。
★先生の服装がきちんとしているか?若い先生やベテランの先生が均等に配置されているか?
です。


別に、全然オシャレじゃなくて良いし、綺麗じゃなくて良いのですが、子どもたちのそばにいる大人が身だしなみに気を使って清潔感のある服を身につけていることは大切です。


子どもたちにとって、はじめて出会う「先生」という存在。憧れの対象にもなりやすく、「先生みたいになりたいなぁ」という尊敬の念を抱く子もたくさんいます。


その、憧れの対象の先生にはやはり清潔感のある身なりを心がけて欲しいというのが、私にはあります。私が幼稚園の園長ならジャージー禁止令を出します(笑)。動きやすいのはわかるのですが。。。


そして、ベテランの先生と若い先生が程よく均等にいらっしゃること。


それは、子どもたちを1つの価値観だけで育てるべきではないと思っているからです。親からすれば、ベテランの先生の方が安心感がありますが、子どもは若い先生が好きです。


遊びもダイナミックですし、感覚が近いぶんお友達のような感覚で遊んでくれる若い先生も、凄く大切です。


それに、若い先生を一生懸命育てようとしている園の方が、人間関係がうまくいっているでしょうし、園の雰囲気もあったかいですよね。


逆に、若い先生がどんどん辞めていくような園は、私的にはNGです。どんなに教育法が素晴しかろうが、そこに先生同士の信頼関係は存在しませんよね。


d0362322_12385048.jpg


次に★園庭が広く、山などがある凸凹の部分があるか?ですが、私は個人的に平坦なところを走り回るだけでは、子どもの運動感覚機能は育たないと思っています。


山あり谷ありの凸凹地面でつまづくからこそ、回避する能力が鍛えられます。


怪我をするから、危ないから。は私は気にしない(笑)。危ないくらいで、実はちょうど良いと思っているのです。


私なりのこだわりポイント満載で恐縮ですが(笑)、まだまだ続きます(笑)。ではまた次回。




by maria_ouchi0815 | 2017-10-23 12:47 | ブログ。