子どもの洋服収納は、IKEAのハンガーラックで。

雨で流れた運動会。


昨日とは打って変わって、晴れ間が広がりそうな関西です。


★☆


さて、たまにいただくリクエストに「マリアさんのお家を隅々まで見たい!」というものがあります。


私は整理収納が特別上手いわけではありませんし、そんなにオシャレな家でもないのですが、そんな風に思って下さる方がいらっしゃるなら。。。と、恐縮しながら掲載させていただきますね(笑)


我が家は、1階に収納スペースがなく、できるだけ生活空間を広く使いたかったので、下着やパジャマ以外の洋服は、2階の服の部屋と呼ばれる部屋に収納しています。


子どもたちの洋服は、3人分でIKEAのハンガーラック2台分まで。


シーズンごとに入れ替えしています。


d0362322_22143339.jpg


このラックに人別にに吊るす収納にしています。


というのも、この隣にベランダがあり、ハンガーに干したものをそのままラックに吊るすという動線で洗濯物を取り込んでいます。


向かって1番左には、10月からはじめたプール用品を。これも、ベランダからすぐにポイ(笑)。


プールバッグの隣は長女のラックです。長女のラックを1番広くとってあるのは、女の子の方が洋服のアイテム数が多いという単純な理由。


★トップス
★ボトムス


のようにシンプルではなく、ワンピースがあったりレギンスがあったり、チュニックがあったりと、やはり男の子のより増えてしまいがち。ただ単に、見ていて可愛いから購買意欲が湧いてしまうという理由もあり(笑)。


その点男子はズボンかTシャツか。長いか短いか(笑)。


d0362322_22235589.jpg


ただいま長男が130㎝。次男が110㎝の洋服サイズ。もう、遠目にはよくわからないし、お揃いアイテムもあったりするので、子どもたちでもわかるように、それぞれのリュックで境目をつけています。


このシステムを採用して、かれこれ3年以上。子どもたちが覚えていられる服の量も実は限られています。


だから、基本的にはどれとどれを合わせても、そこそこイケるコーディネートを考えて、子どもたちと服を選びます。


だから、子どもたちは洋服選びは常に自分でしています。吊るしてあるから、パッと見て選びやすいのでしょうね!


なんでも時短・ラク・便利を追求するのはあまり好きではありません。


実は、整理収納は苦手です。でも、私は子どもに時間をかけたいからこそ、時間を生み出すために、苦手なことを便利にできるように工夫するようにしています。


暮らしの中で、何を大切にするのかを明確にすれば、手のかけどころと抜きどころがわかるような気がしています。


インスタにて、#1週間子どもを怒らないキャンペーン を実施しています。皆さんも是非ご参加くださいね!



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-10-08 05:00 | 子どもとお部屋