繰り返し読む絵本たち【後編】。

前回の続きで今回は絵本のお話し【後編】をお届けします。


絵本の中でも、幼年童話に近い読みもの中心だった前回とはうって変わり、今回は我が家のちびっ子チーム(4歳・2歳)の大好きな絵本。


d0362322_08443504.jpg


我が家は、1番上と下が男の子、真ん中が女の子です。


絵本やおもちゃに、男女差はありませんが、我が家の場合ははっきりと好みが分かれているかもしれません。


長男が好きなものを繰り返すタイプですが、長女は全く違っています。雑食読みタイプ。選んだものは、いつもバラエティに飛んでいて、色々楽しむのが長女。

その中でも、繰り返して読んでいるものもやはりありますが、長男のように毎日!のような絵本はありません。


前回の記事はこちら。





そんな長女のお気に入りはこちら。


d0362322_02422677.jpg
林明子さん作
【こんとあき】。


林明子さんの作品は、4歳から6歳くらいの女の子にドンピシャな気がしています。


ぬいぐるみやお人形が大好きな女の子には、この【こんとあき】は、まさに「私のことだ!」と思えるのではないでしょうか?


我が家にもぬいぐるみはありますが、破れたら必ず「手術して!」と言います。「ただのぬいぐるみ」だとは捉えていないんだなぁ感じる瞬間。


同じ、林明子さんが絵を描いているこちらも長女のお気に入り。


d0362322_17400208.jpg
筒井頼子作 林明子絵
【あさえとちいさいいもうと】


うちは弟なのですが、その弟が見事な「お姉ちゃん子」です。あんまりケンカすることもなく、本当に仲良しの2人。それも、長女がちゃんと「お姉ちゃん」だから。


お姉ちゃんがちゃんとお姉ちゃんをしてくれているから、次男坊は甘えん坊です(笑)。


それからこちらのシリーズ。


d0362322_17423723.jpg
さとうわきこ作
【いそがしいよる】


こちらは、長女と次男が揃って大好きな一冊。


ばばばぁちゃんのシリーズは、全部好き!と言う長女と次男です。


いつも、「くすっ」と笑えるばばばぁちゃん。こんなおばあちゃん、いたら面白い!


おばあちゃん好きは、血筋かな?


d0362322_17444467.jpg
わたりむつこ作 中谷千代子絵
【いちごばたけのちいさなおばあちゃん】


私も、「おばあちゃんもの」にめっぽう弱く、一人暮らしのおばあちゃんとか、お菓子作りが得意なおばあちゃんなどにめっぽう弱い。


ターシャ・テューダー。
西の魔女。
グリーンノウのおばあちゃん。


長いスカートを履いてエプロンをキュッと締めた、ひっつめ髪のおばあちゃん。


いつか、なれますように。。。


どちらかと言うと、我が家の2歳児次男坊も、なんでも読むタイプ。その日に読みたい絵本を棚から引き抜き、持ってくるのですが、長女と同じように、コレ!と言うこだわりもありません。


その中でも、ちいさな時に初めてハマった絵本があります。それがこちら。


d0362322_05150326.jpg
かがくいひろし作
【だるまさん】シリーズ。


我が家にあるのは、【だるまさんが】と【だるまさんの】。


もぅ、1歳の時は毎日毎日、この絵本を棚からひっぱりだし、よちよち歩きながら持ってきていました。


可愛かったなぁ。今でも可愛いけど。


さらにこちらのシリーズ。


d0362322_12565586.jpg
せなけいこ作
【ねないこ だれだ】
【ふうせんねこ】


中川李枝子さん同様、せなけいこさんの絵本も我が家にはたくさん!特におばけものには目がなく(笑)。先日幼稚園から借りてきた絵本も、せなけいこさんのおばけものでした。


本当にたくさんたくさん、絵本を読んでいますが、好きなものは年齢関係なくいつまでも読みます。


だるまさんシリーズなんて、長男も楽しそうに聞いています。良い絵本は、老若男女惹きつける魅力を放っていますね。


でも、3人を子育てしていて思うのが、決して子どもと言うのは【良いもの】だけでは育たないと言うこと。


専門家の言う良いものばかりを与えることはそりゃ理想です。でも、私たちは、無菌室で子育てをしているわけではありません。


ゲームやテレビはそりゃ魅力的だし、戦隊モノのオモチャも、子どもにしたら楽しいものでしょうね!


だから、タイミングと偏りさえなければ、私は良いと思っています。


実は今、【おもちゃインストラクター】の資格取得に通っています。子どもの発達をおさらいしながら、おもちゃを論理的に学ぶ楽しさにハマっています。


また、皆さんに伝えられたらなぁ。と思います。





[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-09-10 13:06 | 子どもと絵本