もっともっと、手を使って遊ぼう!

やっと朝晩は、少しだけ秋の気配を感じられるようになりましたね。


ですが、日中はまだまだ暑く、昨日は久しぶりに自転車とRUNを組み合わせて、10キロ近くのスポーツDAYを強行したのですが、まぁ汗だく(笑)。


途中、優雅に蔦屋書店でコーヒーと読書でもしようかと思いましたが、汗だくすぎてやめました。


d0362322_05510305.jpg


さてさて、日々子どもたちと接していて感じる事があります。国が変化し、家庭が変わり、母親も変わり、子育てが変わりました。昔の子どもと今の子ども、大きな違いは「遊び」にあります。


皆さんもご存知のように、昔の子どもは手先や身体を使って遊ぶことが多く、今の子どもはそれがありません。そのあたりはまた詳しくお話ししますね!

 


d0362322_08165135.jpg


つまり、普通に子どもたちを遊ばせているだけでは、しっかりと身体を使ったり手を使ったりして遊べない環境にあります。


意識的に、子どもたちを促さなければ、どんどんと手先が不器用で、身体も貧者になっていってしまうので、我が家では手先のお仕事はモンテッソーリ教育を中心に、身体は外遊びを思う存分することで、子どもたちにとって楽しく成長していける環境を作っています。


d0362322_08204101.jpg


この夏休み。4歳の長女はモンテッソーリ教育の縫いさしをたくさん。


手先、指先をしっかり使ってお仕事をすると、やっぱり子どもは満足気。


d0362322_08240168.jpg


モンテッソーリの言う、この「集中現象」は、子どもたちの成長にとって本当に重要です。


誰に何を言われても聞こえないほどの集中。周りで誰が何をしていても関係ないほどの集中。これが子どもたちの心の安定に繋がります。


それが、自分の身体や手先を使って行うことであればあるほど、思考回路は刺激され、どんどん自分で考えられる子になります。


環境がいくら変化しても、子どもの本質や人間の本質に変わりはありません。


変化に対応できることはもちろん重要ですが、そのために確固たる揺るぎのない幼少期が宝物となるのです。


夏休みも、もう終わり。ゆっくり時間をかけられたお休みも、終わりを告げました。


ひとつ成長した子どもたちが、幼稚園や学校でどんなことに挑戦しようとするのか、また楽しみです。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-08-30 08:28 | おうちでモンテッソーリ