梅雨仕事。

あー、そろそろ梅雨やなー。


6月を迎えるあたりから、そわそわしはじめる私です。


この時期は、梅にらっきょうに山椒にしょうが。


保存食作りに忙しく、野菜コーナーが楽しい毎日です。


まずは第一弾として、らっきょうを漬けました。


d0362322_10484999.jpg


まだまだ続く梅雨の保存食作り。
昔の人は、雨が続く毎日を、目に楽しく、手を忙しく、家の中を工夫したんやなぁ。


頭が下がります。


私たちは、蛇口を捻れば水が出て、スイッチを入れれば電気がつく時代を生きています。


手を動かし、知恵を使い、伝承していくことは、いつのまにやら「面倒くさいこと」になってしまいました。


実山椒の鼻をつく強い香り。らっきょうを剥いたときの、青臭い香り。梅が、色が変化するとともに香りも変わっていく様。


そんな小さなことが、実は暮らしを彩ってくれるものだと、私たちは忘れてしまったような気がします。


雨を楽しむ心意気は、自然を敬う姿勢に繋がる。


少しだけ、ゆっくり暮らしてみたら見えてきたもの。子どもと暮らすことは、ゆっくりゆったり暮らすことですね。


皆さんも、素敵な雨の日をお過ごしください。



by maria_ouchi0815 | 2017-05-25 10:31 | 子どもとおだいどころ