想像と創造がかなうおもちゃ。

d0362322_22322261.jpg


子どものおもちゃって、本当にたくさんあります。


私も、何にも知らなかったら、子どもが選ぶままに、音の出るおもちゃや、キラキラした魅力的な(でも、すぐに飽きてしまう)おもちゃを、そのまま与えていた気がします。


ですが、無数で雑多な中からおもちゃを選ばせることは、子どもには難しいということに気づいてから、ある程度選択肢を狭めてきました。


子どもにとって、遊ぶこと=生きること。本当にちいさな頃には、やはり、良いものを。


そして、わが家の大きなこだわりでもある「本物」であることを、大切にしてきました。


本当にオススメなのがこの2つ。






名前は違いますが、ビー玉を転がす道を作っていくおもちゃです。


小さいなら小さいなりの、大きいなら大きいなりの遊びができます。


秘密基地を作る子。


d0362322_10375933.jpg


お城に見立てる子。


d0362322_10390863.jpg


用途通りに作る子。


d0362322_10373537.jpg



たくさんあるおもちゃの中で、選ぶときに私が気をつける点が2つ。


★子どもの想像力を邪魔しないものであること。
★他のおもちゃと組み合わせても遊べること。


例えば、我が家のおもちゃ上記2つはメーカーは違いますが、組み合わせて遊べます。他のおもちゃも登場することもあります。


色んな想像を巡らせて、子どもたちが完成させていく様子は、本当に見ていて面白いです。


想像しながら創造していく。


両方叶うおもちゃはやっぱり長く遊ぶし、男の子も女の子も関係なく遊びます。


我が家の長男は今一年生ですが、ゲーム機を持っていません。


一年生の誕生日には買ってあげると約束しています(じぃじとばぁばが。。。)。


私たち両親からは、せめて10歳まで。ゲームではない何かをプレゼントするつもりです。



[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-05-11 13:31 | 子どもとおもちゃ