やりたいときに、やる環境。

d0362322_11501741.jpg

絵の具遊びって、ハードルが高いと思われがちなのですが、実はそれも、「どこに、どんな風に収納するか?」がキーポイントだと思います。


子どもが自分で取り出して、自分たちで準備できる環境なら、「やりたいときに、できる」。


我が家の絵の具収納。今は、回り回ってこの位置です。


d0362322_12034848.jpg


流し台の下。ここなら、2歳の次男でも届きますし、自分で持ってきて、勝手に描いています。


実はこの日、「絵の具したーい!」となったのが、朝の8時。


幼稚園登園の30分前でしたが、30分あれば子どもたちは十分楽しめます。


d0362322_12074434.jpg


長女ゴンは、折り紙で色見本のようなものを作り。。。


d0362322_12083767.jpg


まさか。とは思ったのですが。。。


d0362322_12104831.jpg


やっぱり、バービーちゃんの毛染め(笑)。ホンマ、どこで覚えたんやろか。。。


でも、満足した子どもたちは、ちゃんと時間を守って、きちんと幼稚園へ登園しましたよ。


こんなとき、本当に感じます。子どもって、やりたいときにやることができたら、それで納得する。例え短い時間でも、集中して遊べたら、満たされるものなんだなぁと。


子どもの欲求って、実はお金で解決するものじゃないってこと。


「やりたいときに、できる」ことが、子どもたちを成長させ、安心させるのですね。


大人はその環境を整えるお手伝いをする。


それが、親子のあり方かなぁ。と、心から感じます。


それは、発達障がいや、定型発達も関係ありませんよね。


そんな発達障がいのこと、みのり。に掲載していただいています。


発達障がいの記事は、会員登録制です。是非、会員登録してくださいね!


こちらも、お申し込みがはじまっています。お席の数が限られていますので、是非早めにお申し込みくださいね!


子どもたちとの暮らしの面白がり方を、是非皆さんとシェアできたら!ふーこさんとも、そんな風に話しています。


皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

超個人的なインスタ(笑)。良かったらフォローしてくださいね!


[PR]
by maria_ouchi0815 | 2017-06-16 12:23 | 子どもと暮らし